自社のECサイト構築

今や、各企業ともネットでの自社製品の販売を試みています。方法としては、大手のショッピングモールへの出店が手軽に行えるものとして人気ですが、最近は自社でECサイトを構築し運営していく企業が増えています。このサイトは、そんなECサイトの構築について説明します。

ECサイトを使い自社の商品やサービスを販売するには、4つの方式があります。最も簡単に行える方式としてはASPがあります。これは元々あるプラットフォームをそのまま利用するもので、コストも抑えられ、スピーディーな構築ができることが特徴です。このASPは小規模のネット事業に向いている方式で、同じようなタイプのものとしてオープンソースがあります。こちらは、無料のパッケージを利用するものですから、安価で構築でき、なお且つカスタマイズも自由なところが人気となっています。

しかし、売上規模が大きくなってくるとASPやオープンソースでは対応が難しくなってきます。そこで、パッケージやフルスクラッチといった独自の運営が行えるものを導入していくことになります。パッケージは開発元から提供されたものを元に、企業が自由にカスタマイズできるというものです。デザインが自由で個性や主張が出しやすく、アクセスの多いECサイトに適しています。フルスクラッチは、ゼロからECサイトを構築していくもので、すべてにおいて自社が自由に運営できるものです。ECサイトは目的や規模に応じて、それぞれ対応できる方式を選ぶことで、ユーザーとの信頼関係も築け、更なる売上に繋がっていくのです。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket