構築の4つの方式

自社の商品やサービスをインターネット経由で販売する場合、大手のショッピングモールに出店するという方法があります。これは誰でも簡単に出店できるものとして、とても魅力的な方法ですが、競争相手も多く、マーケティングやブランディングが難しいとされています。そこで、こういった大手のショッピングモールに頼るのではなく、自社でECサイトを構築し、運営していく方法を取る企業が増えてきています。では、このECサイトの構築にはどのような方式があるのでしょう。

ECサイト構築には、大きく分けて「ASP」「オープンソース」「パッケージ」「フルスクラッチ」という4つの方式があります。ASPのように、元々完成しているECシステムを使い簡単にできるものから、フルスクラッチのように全てを自社で構築していく本格的なものまであり、それぞれに特徴とメリットがあります。

また、方式によって初期費用や運営コストにも幅がありますから、売上規模に応じて方式も変えていく必要があります。例えば、ASPであれば初期費用も運営コストも低く抑えられますが、機能に制限があるため大きな売上を目指すには、少し不向きなところがあります。このように、ECサイトの構築は自社の商品やサービスの特性や売上の規模をじっくりと見定めながら行う必要があるのです。

自社のECサイト構築

今や、各企業ともネットでの自社製品の販売を試みています。方法としては、大手のショッピングモールへの出店が手軽に行えるものとして人気ですが、最近は自社でECサイトを構築し運営していく企業が増えています。このサイトは、そんなECサイトの構築について説明します。

ECサイトを使い自社の商品やサービスを販売するには、4つの方式があります。最も簡単に行える方式としてはASPがあります。これは元々あるプラットフォームをそのまま利用するもので、コストも抑えられ、スピーディーな構築ができることが特徴です。このASPは小規模のネット事業に向いている方式で、同じようなタイプのものとしてオープンソースがあります。こちらは、無料のパッケージを利用するものですから、安価で構築でき、なお且つカスタマイズも自由なところが人気となっています。

しかし、売上規模が大きくなってくるとASPやオープンソースでは対応が難しくなってきます。そこで、パッケージやフルスクラッチといった独自の運営が行えるものを導入していくことになります。パッケージは開発元から提供されたものを元に、企業が自由にカスタマイズできるというものです。デザインが自由で個性や主張が出しやすく、アクセスの多いECサイトに適しています。フルスクラッチは、ゼロからECサイトを構築していくもので、すべてにおいて自社が自由に運営できるものです。ECサイトは目的や規模に応じて、それぞれ対応できる方式を選ぶことで、ユーザーとの信頼関係も築け、更なる売上に繋がっていくのです。